パーソナル編集長入門

「新聞作ろう! チラシ作ろう! 冊子作ろう! 知識や経験がなくても心配無用。プロ級の仕上がりが家庭や学校で!」という宣伝文句に飛びついて買ったのが大成功でした。このサイトでは、優れたソフト「パーソナル編集長」(ver8)の操作説明をいたします。
    

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- | - | pookmark
<< 用紙の選択 | main | 「縦書き」「横書き」「本文枠なし」の違い >>

ガイドメニューとツールバー


 A4用紙が表示された画面になっています。このレッスンでは、ガイドメニューとツールバーについて書いてみます。

 左図のガイドメニューは、ver6.5にはなかったもので、パーソナル編集長の操作に必要なきわめて基本的なツールが表示されています。ver6.5をサクサク動かしてきた私には不必要、と言うよりも、邪魔かなとも思います。
 なぜならば、このガイドメニューに表示されているツールだけでは足りず、結局不足分をツールバーで表示させることになり、それくらいならツールバー一つで全部管理したほうが使いやすいのです。
 たとえば左図の赤丸で囲った「文字の入力」「イメージ枠の作成」もツールバーで表示できるものなのです。ではツールバーについて説明しましょう。


ツールバーを自分の使いやすいようにカスタマイズするために、画面上部のメニューバーの表示→ツールバーの順にクリックします。

左画面の標準にチェックを入れると標準ツールバーが表示されるようになります。
「標準」の下に、「書式」「ツール」「描画」などが続いていますが、これらの何がどう違うのか、ツールバーを何故こうまで細々分類する必要があるのか私には分かりません。「標準」一つにまとめても不自由はないので、そのようにしています。(ちなみに、この画面右側のガイドメニューのチェックを外せば、ガイドメニューを消すことができます。)
 次にカスタマイズボタンを押します。

左側のボタン一覧から自分に必要なツールを選択し、追加ボタンを押すと、選択したツールが右側に表示されます。たとえば赤く囲まれているのは、文字入力ボタンです。これを選択し、追加ボタンを押すと、文字入力ボタンが右側に表示されるのです。OKボタンを押します。


 左図は私のツールバーです。これだけあれば、たいていのことは処理できます。初心者の方は、自分に何が必要なのか分からないと思いますが、このサイトでは、簡単なものを作りながら順々に説明していきます。



comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

スポンサーサイト



- | - | pookmark

この記事に対するコメント

コメントする(承認制です)









この記事のトラックバックURL(承認制です)
http://p-henshucho.jugem.jp/trackback/4
この記事に対するトラックバック
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>